閉経時の口臭は女性ホルモンの減少が原因

閉経時の口臭は女性ホルモンの減少が原因

閉経した女性によくあるお悩みのひとつとして「口臭」が挙げられます。実は口臭と女性ホルモンには深い関わりがあるのです。口臭と、閉経時のホルモン変化の関係についてご説明します。

女性ホルモンが減ると唾液が減って口臭が発生する

8fe82ef762e5e06ea8c6380959a8b949_s

女性ホルモンの働きによって毎月規則正しくやってきていた生理や排卵は、「閉経」という形で終わりをむかえます。約30年以上、ずっと働いていた機能が停止するわけですから、体にとっては初潮・妊娠・出産に次ぐ、一大イベントといっても過言ではありません。ですから、閉経によりただ生理がこなくなるだけではなく、体の随所に色々な影響が出たとしてもまったく不思議ではないのです。よく閉経してから口臭が気になるようになったというお悩みを耳にしますが、これも閉経による体の変化のひとつ。女性ホルモンが深く関係しています。

閉経に伴い、体内の女性ホルモンの分泌量は急激に減少します。すると“口の中の洗浄・消臭役”である唾液の分泌量が減少し、口の中に嫌なにおいが発生しやすくなります。また女性ホルモンが減少することによって、体の免疫力が低下したり、歯肉細胞が弱くなったりと、口の中の環境も不健康に…。そのため、閉経をむかえると、女性はどうしても口臭が発生しやすくなるのです。

閉経に伴う口臭は生理的なものであって、どなたにも起こりうることです。ですからあまり神経質になる必要はありません。多少の口臭は仕方のないものと割り切って、ご自身で簡単にできる口臭対策を試しながら、上手につきあっていくことが大切です。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事