歯列矯正のマウスピースによる口臭

歯列矯正のマウスピースによる口臭

歯列矯正のためのマウスピースが口臭を生んでしまうことが!マウスピースによる口臭とその原因、改善法についてまとめた記事です。

目立たなくて良いマウスピース…でも口臭の原因に

mausupi-su

マウスピースと聞くと、ボクシングの試合時に選手が口の中にいれる物を想像される方が多いと思いますが、歯列矯正でもマウスピースは使われています。歯列矯正で使われるマウスピースは、歯の並びそのものを再現しており、透明で歯の上全体に被せるので、一般的なワイヤーで行う歯列矯正よりも目立たなく、昨今はそちらのマウスピースを選ぶ患者さんが多いようです。ですが、このマウスピースは適切な管理をしないと、口臭の原因になる事もあります。

なぜマウスピースが口臭の原因になるのか?

大きく考えられる原因は、「マウスピースの汚れ」です。歯列矯正中、食事中以外は常につけている状態になりますので、やはり本物の歯と同様、汚れがつきやすいです。また、マウスピースを付けていることで、口の中が乾きやすい環境になります。唾液の分泌が減ると、口内での細菌繁殖が盛んになり、こちらも口臭に繋がる原因になります。

マウスピースをしながらお茶を飲んでいる人は口臭に注意!

マウスピースは食事の時は外すのが一般的ですが、飲み物を飲むときは、たいていつけたままの方が多いでしょう。その時気を付けたいのが、お茶や紅茶などの飲む物を飲むときです。お茶系の飲み物は「ステイン」が付きやすく、マウスピースにステインが付着し、それが原因で口臭に繋がる事があるからです。ステインが気になるときは、お茶を飲んだ後水で数回口をゆすぐと良いでしょう。

マウスピース利用者におすすめの口臭対策

口臭の原因となってしまうマウスピースの汚れを効果的に落とす方法をご紹介します。ただ、この方法はあくまでも一般論ですので、マウスピースの種類によっては合わない場合があります。歯科医に相談された上で実践してください。

水洗いした後、歯ブラシでブラッシングをする

マウスピースを使い終わった後、歯ブラシで軽くブラッシングしてください。「軽く」というのがポイントです。強くやりすぎてしまうと、マウスピース自体に傷がつき、その傷に汚れがたまり、口臭の原因になる可能性もあるからです。そのため、歯ブラシは毛質が柔らかいタイプの物を選ぶと良いでしょう。

ポリデントなどの入れ歯洗浄剤につける

一般的に、水洗いをすればマウスピースの手入れは十分と言われていますが、口臭が気になる場合は、入れ歯洗浄剤の力を借りるとより清潔に保つことができます。入れ歯と違う点は、ふたができる容器に入れ、よく振る事です。そのまま5分~10分程度置き、最後によく水で洗浄してください。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事