舌の汚れが口臭の原因?舌苔と口臭の関係

舌の汚れが口臭の原因?舌苔と口臭の関係

舌に付着する汚れ「舌苔(ぜったい)」が口臭を生む!舌苔ケアは今やエチケットのひとつといっても過言ではありません。舌苔が発生する原因と、舌苔対策の基本についてご説明したページです。

舌苔が多くたまると口臭が発生することも

7673ccd8cfdc18d3606dabedbc4b59a8_s

鏡の前で舌を出して観察してみてください。多くの人は、舌の表面に白い苔のようなものが付着しているはずです。この苔状のものが「舌苔(ぜったい)」といって、口臭にも深く関係しているといわれています。

舌苔の正体は、食べかすや細菌、老朽化し剥がれ落ちた粘膜細胞などで、誰でも普通に生活していれば産生されてしまうものです。また、舌の表面はよく見ると無数の突起があり、構造上、汚れなどが溜まりやすくなっています。ですから、舌苔に対してあまり神経質になる必要はありませんが、付着量が多ければ口臭はもちろん、味覚障害にもつながる場合もありますので、正しい知識をもって正しいケア法を身につけましょう。

舌苔は唾液不足や体調不良などで多く発生する!

前述の通り、舌苔は生理的なもので、多かれ少なかれどなたにもみられます。ただ、以下のような事柄によって舌苔が多く産生される傾向にあるので、舌苔が気になる方はチェックしてみましょう。

舌苔を多く発生させる原因

睡眠不足

睡眠が十分に足りていない場合、口腔内の浄化作用が低下し、舌苔も蓄積しやすくなります。

食べすぎ

胃の消化機能が追いつかないぐらい食べている人は、舌苔がつきやすい傾向に。

消化器官のトラブル

舌は消化器官と連携しているため、消化器官に不調があると舌苔が発生しやすくなります。

ドライマウス(口の渇き)

唾液には口の中を浄化する作用が。口の渇きも舌苔の原因になります。

加齢

加齢による唾液の分泌不足も舌苔を多く発生させる原因になります。

風邪などの体調不良

免疫力が低下すると、舌苔が増える傾向にあります。

不十分な歯磨き

歯磨きによる食べ残しが多いと口の中は不衛生になり舌苔が付着しやすくなります。

強すぎる舌磨きはNG!舌苔対策の基本は健康づくり

近年、口腔ケアが注目され、舌苔の除去方法についての情報が氾濫しています。舌苔、あるいは舌苔による口臭に悩む人の中には、そういった情報を鵜呑みして、必要以上に舌を磨いて舌苔を除去しようという人も少なくありません。確かに、舌磨きは舌苔をてっとり早く除去できる方法でしょう。ですが、舌苔を無理にとろうとして、舌を傷つけてしまうほどゴシゴシ強く擦ったり、1日に何度も舌磨きをするのは大問題!柔らかい舌の組織を傷つけたり、舌の表面に備わっている味覚センサーを壊してしまったりする恐れがあります。

口臭の元となる舌苔を除去する方法としては、まずは健康な体をキープすることが大切です。よく舌は健康のバロメーターといわれます。舌苔は不健康の表れでもあるのです。毎日良好なコンディションをキープすれば、舌苔も自然と少なくなっていくでしょう。
舌苔が気になる人は健康な体づくりを基本とした上で、舌磨きを取り入れてみてください。

常習的な口臭に効果抜群!管理人おすすめの口臭対策!

口臭対策グッズやサプリを効果がないと決めつけていませんか?

  • 「口臭サプリっていろいろあるけど効くのかな?」
  • 「口臭対策グッズって本当に効果あるの?」
  • 「通販でサプリを購入するのって・・面倒だな・・・」

強烈な口臭に悩む管理人が「これはいい!」と実感できた口臭グッズを厳選しご紹介します。1000円程度の出費で、すごい効果を実感できる商品等もあります!口臭の悩みがなくなった今では、会社やデートなどで人とのコミュニケーションが楽しくなり、「明るくなったね」と言われるまでになりました!

管理人おすすめアイテムはこちら!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事