空腹になると口臭が強くなる理由

空腹になると口臭が強くなる理由

お腹が減るとなぜか息のにおいがくさくなる!?空腹時に口臭が起こる原因と、空腹時に起こる口臭の予防・ケア法をご紹介します。

唾液が減る空腹時は誰でも口臭がきつくなる

be924440ee83ddc89252259613faa850_s

口臭の原因はいろいろ考えられますが、空腹時には多少の差はあれどどなたでも口臭がきつくなります。これは「生理的口臭」といって、ヒトの体のメカニズム上自然に起こるものであり、病的なものではなく、特に心配する必要はありません。とはいっても生理的なものであれ、病的なものであれ、息の臭いは気になるものです。空腹時の口臭をできるだけ少なくするためにはまず、空腹時に口臭が起こるメカニズムを理解することから始めてみましょ
う。

ヒトは食事をすると唾液がたくさん分泌され、空腹時には逆に唾液がとても少なくなります。唾液には食べ物を溶かす力とともに非常に強い消臭能力があって、この消臭パワーが口腔内の臭いを除去してくれています。ですから、唾液が少ないほど、消臭力が低下し、口臭も発生しやすくなるのです。言い換えれば、空腹になればなるほど、口臭はきつくなります。
また空腹時、胃に分泌される膵液などが、悪臭を伴ったガスを発生させることがあります。このガスが体内から吐き出され、口臭となってにおうケースもあります。

※口内の乾燥や唾液の分泌量低下については、下記のページをご参照ください。
口が渇く(ドライマウス)と口臭が起こる!
口臭を予防するポイントは唾液分泌に

空腹時の口臭対策は何かを食べること!

空腹時の口臭の最大の原因は、唾液の分泌不足による消臭機能の低下です。逆に口内で唾液の分泌が増えれば、口臭は軽減されます。つまり、空腹時の口臭を抑えたければ、唾液の分泌促進のために「ものを食べること」ですが、職場などでは食事時間以外に堂々と食事を摂るのもなかなか難しいものです。また、ちょっと空腹になる度に食事をしていては太ってしまいます。

なにも、空腹時の口臭を予防するために、しっかり食事をする必要はありません。唾液は舌への刺激により分泌が増加するので、ガムや飴を口に入れるだけでも十分な口臭対策に。また、水をたっぷり飲むことでも、ある程度口臭を抑えることが出来ます。

しばしば「健康のために、食事は1日3回しっかり摂りましょう」といわれますが、これは口臭対策にもつながっています。朝昼晩の3回、きちんと間隔を守って食事をとることで極度の空腹状態、唾液の分泌不足を避けることが出来るのです。朝が弱いという方、ダイエット中という方の中には、朝食を抜いてしまうこともあるようですが、これは口臭を発生させる大きな原因!軽いものでも良いので、食事を摂るようにしましょう。

簡単にできる!空腹時の口臭対策

ガムを噛む

口内のバクテリアの繁殖を抑えてくれる効果も。

飴をなめる

ミント味の飴なら口の中も爽やかになって一石二鳥!

タブレットを食べる

やはり口内を爽やかにしてくれるミント系がお勧め

を飲む

できるだけたっぷり飲んで口内を潤しましょう。

お茶を飲む

中でも緑茶にはカテキンなどの消臭成分が。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事