目覚めた時の息はなぜ臭い?寝起きの口臭対策

目覚めた時の息はなぜ臭い?寝起きの口臭対策

寝起きは誰でも息がくさい!朝、目覚めた時に、口臭や口の中のネバつきが起こる原因についてご説明します。また就寝前・起床後の口臭対策についてもご紹介します。

寝起き(目覚め)の口臭は口の中で増えた細菌の仕業

最も口臭が気になるタイミングについて尋ねると、多くの人が「寝起き(目覚め)」と答えます。起床時独特のこもったような息のにおいや口の中の不快感は、自分は口臭には無縁と思っている人でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

基本的に、寝起き(目覚め)は誰でも口臭がします。なぜなら、寝起き(目覚め)の口の中には、おびただしい数の細菌が存在して、口臭の原因となる化合物を発生させているからです。一説によれば、寝起き(目覚め)の際に口の中にいる細菌数は全人類の数を超えるほど…!それほどの細菌が口の中に存在しているのですから、酷い口臭がしたり、口の中がネバついたりするのもうなずけます。それではどうして寝ている間に、口の中に細菌が繁殖してしまうのでしょうか?

ヒトは睡眠によって体の各機能を休めています。当然、唾液の分泌機能も“睡眠モード”に入り、唾液の分泌量は非常に少なくなります。唾液には口の中の細菌を洗い流し、口臭を抑える働きがあるため、唾液の分泌量が少なくなると、口の中の細菌はこれをチャンスとばかりにどんどん増殖していきます。また、高い湿度が保たれている口の中は、細菌にとって最高の棲み家。あっという間に増殖し、約8時間ほどで、口の中の細菌数は飽和状態に達するといわれています。

こうして就寝中に爆発的に増えた細菌が口臭のもととなる化合物をつくり、寝起き(目覚め)の嫌な息のにおいを発生させているのです。

寝起き(目覚め)の口臭対策は就寝前と起床後の2段階で

寝起き(目覚め)の口臭はヒトの体のメカニズム上起こりうるもので避けることはできません。ただ、ちょっとした心がけによって、幾分かにおいを軽減することはできます。

寝起き(目覚め)の口臭を軽減する方法

夜遅くににおいの強い食べ物を食べないようにする

にんにくやニラなどにおいの強い食品を食べることによって発生する口臭が、寝起きの口臭に拍車をかけることがあります。

※口臭を発生させる食べ物については「口臭の原因となる食べ物」のカテゴリーをご参照ください。

夜遅くまでお酒(アルコール)を飲まないようにする

お酒の持つ利尿作用が、就寝中のさらなる唾液の分泌不足を招き、口の中の細菌の増殖を加速させることがあります。

また、寝起き(目覚め)の口臭は避けられないものと割り切り、起床後の口臭ケアを徹底してみてはいかがでしょうか。

起床後におすすめの口臭ケア

念入りに歯磨きをして口の中を清潔にする

寝起き時の口の中は細菌だらけで不衛生な状態。丁寧な歯磨きで、口臭のもととなる細菌を除去しましょう。

マウスウォッシュで口をすすぐ

とにかく早く口臭を抑えたい人はマウスウォッシュでさっとうがいを。洗浄効果が高いマウスウォッシュならより効果的です。

※マウスウォッシュの詳細については「マウスウォッシュとは?口臭に対する効果は?」をご参照ください。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事