自律神経の乱れが原因で口臭が発生していることも

自律神経の乱れが原因で口臭が発生していることも

口臭の発生に、自律神経の乱れが関係していることも。日頃ストレスが多い、ストレスをためこんでいるという自覚うがある人は息がくさくなっている可能性が。口臭と自律神経の関係についての説明です。

改善されない口臭の裏にある自律神経トラブル

e5b59696f1c441e3a20529ac1ae240e3_s

口臭で悩んでいる方の中で、歯磨きを良くしたり、マウスウォッシュをしているのに改善されないという人はいませんか?さらに、何をやっても口臭が改善されないという方の中で、日頃口がよく渇いたり、普段から仕事や生活で強いストレスを感じているという方はいないでしょうか。そのような口臭に悩んでいる方は、もしかするとその口臭の裏に自律神経の乱れが関係しているかもしれません。

自律神経のアンバランスが口臭の原因に

自律神経とは、臓器や血管、体温など体の機能をコントロールする神経です。自律神経を細かく見てみると、体の動きを活発にする交感神経と、体の動きを鎮静化させる副交感神経の二つがあります。これらは自分の意志でコントロールできないという特徴があります。
口内の汚れやにおいを浄化する作用を持つ唾液は、交感神経の働きで多く分泌され、その逆に、副交感神経の働きによって分泌量が少なくなります。そのため、交感神経と副交感神経がうまく機能しなくなったり、バランスが崩れたりすると、唾液の分泌量や状態にも影響が出て、結果として口臭につながってきてしまうのです。

自律神経のトラブルを引き起こすのはストレス

自律神経が乱れる原因はストレスにあります。仕事や環境、生活サイクルや人間関係など、現代社会において誰もが何らかのストレスにふれています。それ以外にも、気温の変化や紫外線、不規則な睡眠サイクル、乱れた食生活、パソコンやスマホ操作によるストレスなど、気づきにくいストレスもあり、知らず知らずの内に様々なストレスをため込んでしまっている事もあるのです。こうしたストレスがうまく消化されずに蓄積されていくと、自律神経のトラブルを引き起こしてしまいます。
口臭でお悩みの方で、ストレスが多い、ストレスをうまく解消できていないという方は、口臭を改善するひとつの方法として、こまめにストレス対策をおこなうことをおすすめします。

生活の見直しがストレス緩和と口臭予防につながる

ストレス対策といっても何をどうすればよいのか分からないという方も多いことでしょう。確かにストレスがたまる要因はたくさんあり、また社会生活を送っていくうえで避けられないものも少なくありません。そこで、どなたにも取り組めるストレス対策法として、生活習慣の見直しをおすすめします。生活習慣の乱れは知らず知らずのうちに体に負担をかけストレスを蓄積させています。今一度、生活習慣を見直して、規則正しい生活を送ることから始めてみましょう。食事・水分・運動・睡眠など、本来の規則正しい生活を送ることは大いにストレス緩和につながります。特に食事は朝・昼・夜と規則正しいリズムで摂るだけでなく、よく噛んでゆっくり時間をかけて楽しむようにしてみてください。咀嚼回数が増えることは消化機能を高めて、体への負担・ストレスを少なくしてくれます。

昔から言われているような規則正しい生活は、理にかなった健康的な生活の基本です。自律神経の乱れからくる口臭も、見方を変えれば不健康の象徴とも言えます。健康的な生活で、口臭も、そしてストレスも解消していきましょう。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事