口臭が魚のようなにおいがする時に疑われる病気

魚

口臭が魚のようなにおいがする時に疑われる病気

お悩みの口臭が「魚のようなにおいがする」のであれば、代謝異常のひとつ魚臭症が疑われます。魚臭症は、口臭はもちろん体臭・尿もまるで魚が腐ったようなにおいになる病気です。

息や体臭が魚くさい…それは「魚臭症」という病気かも!

魚

息がまるで魚のようなにおいがするという方は「魚臭症(ぎょしゅうしょう)」という病気を発症している可能性があります。
汗をかいた時の体臭や尿も、魚のようなにおいがしていませんか?

魚臭症は別名「トリメチルアミン尿症」とも呼ばれる、非常に珍しい代謝異常の一種です。
先天性のものと、肝機能の低下や肝機能障害によって発症する後天的なものとの2種類があります。

口臭の原因となる病気はいろいろありますが唯一、遺伝によって口臭を引き起こしてしまうのがこの魚臭症です。

魚臭症はトリメチルアミンがうまく分解されないことで起こる!

魚臭症の原因は体内において「トリメチルアミン」という物質を分解する酵素がうまく作用しないことにあります。
口に入った食べ物は、食道や胃を通過し小腸に到達すると、腸内細菌に分解されます。
この時、トリメチルアミンという魚のようなにおいのする物質が発生するのですが、通常であれば肝臓にある酵素によって分解されるのでにおいが体外へ漏れるようなことはありません。

ところが、魚臭症では酵素が欠如している、あるいは酵素の作用が低下しているために、トリメチルアミンがうまく分解されません。
体内に残ったトリメチルアミンは今度は血液に取り込まれて血液の流れとともに全身を巡ります。
そして、肺へ到達すると呼気に混じって排出されてしまうのです。

そのため、口臭が魚のようなにおいになってしまいます。
もちろん汗や尿も同様の原理で魚くさくなってしまいます。

魚臭症では基本的に痛みや体調不良などを伴うことはありません。
症状はただ一つ、とにかく魚のようなにおいがしてしまうのです。

そのにおいは個人差はありますが、魚臭症の人がいた場所はしばらく魚くさいといわれるほど…。

「魚くさい」なんて思われるのは、とてもつらいですよね。
魚臭症の人にとって、ご自身の口臭・体臭ケアは大きな課題です!

食事制限でにおいを軽減できることが判明!

魚臭症はとても珍しい病気であることから十分な医療研究がおこなわれておらず、効果的な治療法も見つかっていませんでした。
魚臭症の方がいくら魚のようなにおいで日常生活に支障をきたしていても、何もなす術がなかったのです。

ところが、近年、医学の進歩とともに、食事制限がにおいの軽減に効果的であることが分かりました!
魚臭成分トリメチルアミンの元となる食べ物を除去するという方法です。

残念ながら、今はまだ魚臭症を完治させられる薬や治療法はありません。
ですが、食事制限によって魚臭がずいぶん軽減されたという人もたくさんいるようですから、期待を持って食事制限に取り組みましょう!

食事制限のような改善法は毎日の積み重ねこそが大切です。
焦らず気長に続けることがポイントです。

魚臭症によるにおいを軽減する食事療法

  • 牛豚レバーや卵、大豆、牛乳など「コリン」を含む食品の摂取を避ける。
  • 大豆製品や小魚など「レシチン」を含む食品の摂取を避ける。
  • 羊肉や牛肉、乳製品など「カルニチン」を含む食品の摂取を避ける。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事