口臭を予防するポイントは唾液分泌に

口臭を予防するポイントは唾液分泌に

口臭を予防・解消する簡単な方法、それは「唾液の分泌を促すこと」です。唾液には口の中を清潔に保ち、口の中の嫌なにおいを消臭する効果があります。

唾液は口腔内を綺麗に保ち消臭する「お掃除役」

 

お酒を飲んだ後や風邪をひいた時など、口臭とともに口の渇きが気になったことはないでしょうか?
実は、口の渇きと口臭は深く関係しています。

口が渇くとき、それは口腔内の潤いを保っている「唾液」が不足しているときです。
ヒトは唾液の分泌が不足すると、自然に口臭が発生してしまいます。

なぜなら、唾液には口の中の汚れを洗い流し、口の中の嫌なにおいを消す働きがあるからです。
唾液は口の中のお掃除役といっても過言ではありません。

ただ単に口の中に入ってきた食べ物を溶かすだけではなく、口の中を清潔に保ち口臭を予防するという大切な働きもあわせもっているのです。

さまざまな唾液の働き

消化作用

食べ物が体内で吸収されやすいよう溶かします。

自浄作用

歯や口腔内に残った食べかすを洗い流します。

消臭作用

口の中の嫌なにおいを消す働きがあります。

抗菌作用

口腔内の最近の増殖を抑えます。

粘膜保護作用

口の中に入ってきた食べ物による刺激から口の中の粘膜を保護します。

など

唾液の分泌促進は非常に効果的な口臭対策!

唾液の分泌を促すことは口臭の予防や解消に非常に効果があります。

唾液が次のような方法で分泌を促進することが可能です。
できるものから取り入れてみましょう。

唾液の分泌を促す方法

酸味のあるものを食べる

梅干しやレモンなど酸味の強いものは、唾液の分泌を盛んにします。

脳の記憶によりそのものを見ただけで唾液の分泌が促されることもありますので、食べることができない場合は想像してみるのもよいかもしれません。

ガムやタブレットを噛む

噛むことにより唾液の分泌は促進されます。

唾液腺をマッサージする

耳たぶの下や下あご付近、舌の裏に唾液腺とよばれるつぼがあります。
口の渇きが気になったら唾液腺を刺激してみましょう。

ポリグルタミン酸を摂取する

ポリグルタミン酸には唾液の分泌を促す作用があるといわれます。

リラックスする

ヒトは緊張状態にあると唾液の分泌が減少し、反対に心身ともにリラックス状態になると唾液の分泌が増します。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事