食べかすは口臭の発生源を次々とつくる!

食べかすは口臭の発生源を次々とつくる!

ほんの少しの食べかすが強烈な口臭の発生源になってしまうことがあります。食後の食べかすを放置していると様々な口臭の原因がつくられてしまうのです。食べかすと口臭についてまとめた情報ページです。

ほんの少しの食べかすが口臭につながる場合も>

28fa72c00c2ced2e4ea3b2d8e2989820_s

食事をすれば誰でも、歯や口内に食べかすが残るもの。この食べかすをきちんと除去するかそのまま放置するかによって、口臭の発生率は大きく変わります。ほんの少しの食べかすも積もり積もればやがて、強烈な口臭の発生源になってしまうのです。

歯や口内に残った食べかすをそのまま放っておくと、その食べかすを栄養に細菌が急速に繁殖します。すると今度は増加した細菌がより繁殖し仲間を増やしていくための足場として、食べかすがあった部分に粘性のある物質をつくります。これが歯垢です。

歯垢そのものは特に嫌なにおいを放つものではありません。しかし蓄積された歯垢は悪臭ガスを放つバクテリア「嫌気性菌」の棲み家になってしまいます。そして歯垢の蓄積とともに嫌気性菌はどんどん繁殖し、口中に悪臭ガスをまき散らしてしまうのです。そのため、口を開くたびに嫌気性菌の嫌なにおいが混じった呼気が排出されてしまいます。

清潔な口内は毎日のコツコツとしたケアによって保たれます。ほんの少しでもたった1日でも食べかすを残すことは後々、大きな後悔につながってしまうのです。

食べかすが口内の病気を招くとこれもまた口臭の原因に

食べかすの蓄積は結果的に口内に悪臭ガスを発生させる原因になってしまいます。ですがそれだけでは済まないケースもあります。場合によってはより強烈な口臭を招く原因になってしまうこともあるのです。それは「歯肉炎」や「歯周病」の発症です。

食べかすによって歯と歯茎の間に歯垢が溜まっていくと、歯垢の中に棲む細菌がいろいろな悪さをするようになります。最初は歯肉の炎症「歯肉炎」です。この状態であればまだ治療によって完治させることが可能です。ところが炎症が歯の根元まで到達して歯肉の中にある歯槽骨を溶かしてしまう「歯周病」まで進行すると、もう簡単に治療することはできません。そしてこの頃には嫌気性菌より何倍も強烈な口臭が発生するようになります。そのにおいは「生ごみ」に例えられるほど不快なものです。

幼少の頃より当たり前の生活習慣としておこなってきた食後の歯磨きやうがいは、本当に大切なものであることがお分かりいただけたと思います。食べかすは口臭の発生源を次々と生んでしまう恐ろしい存在!口内の健康維持のためだけでなく、口臭の予防・解消のためにも、食事の後の食べかすはきちんと取り除くよう心掛けましょう。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事