食べ過ぎると口臭が発生する?

食べ過ぎると口臭が発生する?

食べ過ぎると口臭が発生する?食べ過ぎが間接的に口臭の原因になることがあります。食べ過ぎと口臭の関係についてまとめたページです。

食べ過ぎが口臭に発展してしまうケースとは?

2518647e4adfe4f9747e6f24233fe9e4_s

食べ過ぎることが直接口臭の原因になるわけではありません。しかし、胃のキャパシティを超えた食べ過ぎによって胃の中に長時間食べ物が残留してしまうと、消化されて腸に届けられる前に食べ物の腐敗・発酵が始まり、その不快なにおいが呼気に混じってしまって口臭につながることがあります。
また食べ過ぎてしまう人に多い傾向として、食事中の咀嚼不足が挙げられます。食欲に任せて口の中に食べ物を放り込み、よく噛まずにどんどん食べてしまうのです。実はこれも口臭につながってしまいます。噛む回数が少ない、イコール唾液の分泌量が少なくなるということです。唾液はお口の中の汚れを洗い流し、不快なにおいを消し去ってくれるお掃除役。ですから唾液量の分泌が少なければ、当然口臭も発生しやすくなります。

お悩みの口臭が食べ過ぎによるものではないかと疑っている人は、口臭予防のためにも、体のためにも、日頃の食事から食べる量を意識し、食べ過ぎにならないよう工夫しましょう。咀嚼回数を決めて食事するように心がけるのも効果的です。

食べ過ぎると口臭の元となる食べかすも増える!

食べる量が増えるということはそれだけ口の中をたくさんお食べ物が通過するということであり、歯や歯間、舌に付着する食べかすも多くなります。食べかすは上手に除去できれば何の問題もありませんが、口内のお掃除不足により残留してしまえば、これもまた口臭の原因になってしまいます。

なお、食べ過ぎにも2つのケースがあり、それぞれ注意したい点が異なります。あなたはどのタイプの食べ過ぎでしょうか?

一度にたくさん食べるケース

多くの人は満腹を感じると動くのが億劫になってしまいます。結果、食べ終わっても歯を磨かずそのままにしてしまうので、食べかすが溜まり、口臭の元になってしまいます。食べ終わった後は歯磨きや舌磨きを徹底しましょう。

小分けにしてたくさん食べるケース

少しずつ食べ続ける人は常に口が動いていて、食べ物が長い時間、口の中にある状態。歯を磨くタイミングを無くしやすく、食べかすも溜まりやすくなります。できるだけ時間を決めて食べるようにしましょう。歯磨きの時間をきっちり定めるのも良い方法です。

常習的な口臭に効果抜群!管理人おすすめの口臭対策!

口臭対策グッズやサプリを効果がないと決めつけていませんか?

  • 「口臭サプリっていろいろあるけど効くのかな?」
  • 「口臭対策グッズって本当に効果あるの?」
  • 「通販でサプリを購入するのって・・面倒だな・・・」

強烈な口臭に悩む管理人が「これはいい!」と実感できた口臭グッズを厳選しご紹介します。1000円程度の出費で、すごい効果を実感できる商品等もあります!口臭の悩みがなくなった今では、会社やデートなどで人とのコミュニケーションが楽しくなり、「明るくなったね」と言われるまでになりました!

管理人おすすめアイテムはこちら!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事