糖分を摂りすぎると口臭の原因に・・

糖分を摂りすぎると口臭の原因に・・

糖分の摂りすぎは口臭を発生させる原因に!口臭が気になる人は日頃、甘いものを頻繁に摂取していないでしょうか?糖分が口臭を発生させる原因と対策についてご紹介します。

糖分は口臭の天敵?!

7bfddee75506add37c1e7a2c7b06b9d4_s

糖分は私たちの体には欠かせない栄養素です。ですが、摂りすぎると口臭の原因につながります。なぜ糖分が口臭の原因になってしまうのか?詳しく見ていきましょう。

糖分摂取で口臭になる原因1「食事に含まれるデンプンとブドウ糖」

食物の中には、たいてい糖分が多く含まれています。糖分は噛み砕かれる事によって、デンプンとブドウ糖に分かれます。この成分が口内に残ると、歯のエナメル質を溶かし、虫歯の原因になります。虫歯があると細菌が口の中で繁殖している訳ですから、口臭の原因となります。

糖分摂取で口臭になる原因2「お菓子の過剰摂取」

お菓子にも糖分が多く含まれています。固形の物だけでなく、ジュースなど飲み物にも糖分が多く含まれているので、お菓子好きの人は常に糖分を摂取しているという状態です。この状態が口の中で続くと、口内はお菓子の残りカスだらけ。歯の隙間にもお菓子のカスが・・という状態になります。食べ物のカスが詰まっていると、そのカスが酸化し、口臭の原因になります。

糖分摂取で口臭になる原因3「体の不調・糖尿病で口臭がすることも」

糖分摂取を多量にしていると、糖尿病になる確率が高まります。糖尿病の方は「アセトン」という物質が体内に増加します。このアセトンにより、口臭が甘酸っぱい腐った果物のような独特な臭いになります。

糖分を摂らなければ口臭に繋がらないのか?!

糖分と口臭の関係について書いてきましたが、こう書いてしまうと「糖分を摂取するのが怖い!」と思われてしまった方もいらっしゃると思います。ですが、糖分は上手に摂れば口臭の原因になりません。次に、口臭を防ぐ糖分の摂り方をご紹介します。

口臭を防ぐ糖分の摂り方

適度な量を摂る

これは糖分による口臭予防に一番重要な事柄です。例えば、飲み物は水やお茶など糖分が入っていないものにする。これだけでもかなり効果はあります。お茶にはカテキンが入っているので、口内を殺菌する作用があり、飲み物の中では一番お勧めです。

ダラダラと食事をしない

ダラダラと食事をしていると、口の中にたまった食べ物のカスがいつまでも奥へ入っていきません。そうなると口臭の原因に繋がりますので、いつまでも食べる行為はやめましょう。また、よく噛むことは唾液の分泌を促すので口臭予防になります。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事