タバコを吸う人は要注意!その口臭の原因はニコチンにあった!

タバコを吸う人は要注意!その口臭の原因はニコチンにあった!

「ニコチン」は、有毒で独特の臭気がします。この「ニコチン」が、タバコを吸った人の歯や下の表面に付着して嫌なにおいを発しているのです。ニコチンが原因のニオイを和らげるために今すぐ簡単にできる3つの予防法を紹介!

ニコチンは嫌われる口臭の原因!

4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_s

タバコを吸わない人からしてみれば、とにかく嫌なタバコのニオイ。そのニオイは、吸った時に漂う煙や、服や髪に付着するニオイだけではありません。吸った後の口臭は、とてもくさいものなのです。喫煙者で、タバコのお供にコーヒーを飲む人は多いと思いますが、特にこの組み合わせが最悪とも言われています。タバコを吸っている本人は、タバコのニオイに慣れてしまっているので気づかないものですが、悪臭を撒き散らして周囲の人を不快にさせている可能性大ということを気に留めておきたいものです。

これほどまでに嫌われてしまう、タバコが原因の嫌な口臭のもとは一体なんなのでしょうか。それは「ニコチン」といわれる、タバコの葉に含まれるアルカロイドの一種。中枢神経・末梢神経を興奮させ、血管を収縮させて血圧を高める作用のあるものです。「ニコチン」は、有毒で独特の臭気がします。この「ニコチン」が、タバコを吸った人の歯や下の表面に付着して嫌なにおいを発しているのです。

それだけではありません。口の中にある唾液は、口の中を清潔に保ち、唾液が多ければ多いほど口臭は発生しにくくなります。しかし、タバコを吸うことで、タバコに含まれる「ニコチン」が口の中の血液の循環を悪くしてしまいます。その結果、唾液の分泌を抑えてしまい、唾液が少なくなるので、喫煙者の口内はくさいニオイが発生しやすくなるのです。

簡単☆今すぐ実践できる!口臭を和らげる方法!

「タバコはやめられない」「やめるつもりもない」という方でも、堂々と悪臭を撒き散らすわけにはいきませんよね。周囲の人に嫌がられてしまっては、人間関係を損ないかねません。喫煙者の肩身が狭くなってきた昨今、これ以上喫煙者が隅っこに追いやられないよう、迷惑をかけない程度に最低限のエチケットは心がけたいものです。そこで、今すぐ簡単に実践できる口臭を和らげる方法が三つありますのでご紹介いたします。

今すぐできる簡単な口臭対策

    • 飴をなめる

意識的に舌のうえで転がすように舐めるのが効果的。強く舐めすぎて舌を傷つけてしまうことに注意しながら行いましょう。唾液を分泌しやすくなるので、口内が乾くことによって生じる口臭を和らげることができるでしょう。

    • 舌苔(ぜったい)の除去

舌苔(ぜったい)とは、舌の上にはびこる白いコケのようなものです。舌クリーナーなど市販で売られている「舌苔(ぜったい)除去クリーナー」で優しくこすって除去しましょう。ニコチンが付着した舌は黄色い色をしていますので、色が通常の舌苔(ぜったい)の色である白になれば、ニオイのもとであるニコチンは取り除けたと思っていいでしょう。ただし、強くこすりすぎると、舌の上に存在する味覚を感じる神経を傷つけてしまい味覚障害につながる恐れがありますので、くれぐれも力を入れ過ぎないように注意しましょう。やりすぎは、舌苔(ぜったい)を傷つける原因になりますので、舌みがきは一日一回程度にしておきましょう。舌クリーナーがない場合は塩で優しく擦ってみるのも良いそうです。

    • タバコを吸った直後5~10分は意識して深く深呼吸する

タバコの煙は、喫煙後5~10分くらい肺の中に留まります。それを吐き続けるので、吸った後も口からタバコのニオイがするのは当然なのです。深呼吸をすると、肺の中に残った煙を早く外へと逃がし、きれいな空気を素早く取り入れることができます。ですから、意識的に深い深呼吸をすることはとても有効なのです。肺の中の空気を手っ取り早く循環させることが出来る上に、どこでも簡単に出来ますので、今すぐ実践してみてはいかがでしょうか。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事