口臭は遺伝することがある?

口臭は遺伝することがある?

口臭は遺伝するもの?基本的に口臭は遺伝することはありません。ただごくまれに口臭が遺伝性の病気によって引き起こされることがあります。

ごく稀に遺伝により口臭が発生することが!

e738cdf622acfa07cbdcfe71791c326d_s

よく両親の口臭が酷いから自分も口臭が酷くなるのではないか?自分の口臭は両親からの遺伝によるものではないか?と心配する方がいらっしゃいます。ですが、基本的に口臭は遺伝することはありません。口臭は個々人の体のトラブルやお口の状態、食事内容などによって発生するものです。ただ、ごく稀に遺伝性の病気によって口臭が発生することがあります。それは「魚臭症」という病気です。魚臭症は別名「トリメチルアミン尿症」とも呼ばれ、代謝異常により、体内の悪臭物質がうまく分解されず、呼気や汗、尿など体から排出されるものすべてにその悪臭物質が混ざってしまいます。この悪臭物質というのが、まるで魚がくさったようなにおいをもつトリメチルアミンという物質。そのため、口臭はもちろん、全身から魚くさいにおいがしてしまうのです。

魚臭症という病気はまだ医学的にわかっていないことがたくさんあります。ゆえに、効果的な治療法もみつかっていません。ただ、魚臭症は肝機能障害に伴って発症するほか、トリメチルアミン分解酵素の先天的な欠落によって発症する場合があります。いわゆる遺伝性です。非常に低い確率ではありますが、親が魚臭症を患っている場合、こどもにも遺伝するケースがあります。遺伝すれば当然、こどもにも口臭や体臭が発生してしまいます。

※魚臭症についての詳細は「口臭が遺伝することも!魚臭症とは」のページをご覧ください。

遺伝ではないが親子でかかりやすい病気によって口臭が発生することも

また遺伝ではありませんが、家庭内、親子で罹患しやすい生活習慣病のひとつ「糖尿病」によっても口臭が発生することがあります。糖尿病は皆さん良くご存じのとおり、血液中の糖が高い状態が続いて、放置により、網膜症や脳梗塞、神経障害などの重大な合併症を招いてしまう病気です。糖尿病になると代謝異常によって血中にアセトンという悪臭物質が増加してしまいます。そのため、呼気にアセトンが混ざってしまい、息が甘酸っぱい腐敗臭になってしまうのです。

常習的な口臭に効果抜群!管理人おすすめの口臭対策!

口臭対策グッズやサプリを効果がないと決めつけていませんか?

  • 「口臭サプリっていろいろあるけど効くのかな?」
  • 「口臭対策グッズって本当に効果あるの?」
  • 「通販でサプリを購入するのって・・面倒だな・・・」

強烈な口臭に悩む管理人が「これはいい!」と実感できた口臭グッズを厳選しご紹介します。1000円程度の出費で、すごい効果を実感できる商品等もあります!口臭の悩みがなくなった今では、会社やデートなどで人とのコミュニケーションが楽しくなり、「明るくなったね」と言われるまでになりました!

管理人おすすめアイテムはこちら!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事