口臭が何らかの病気のサインであることも

口臭が何らかの病気のサインであることも

口臭が病気を知らせてくれるサインとなる場合も!口臭が病気によって発生している場合もあります。たかが口臭と軽くとらえずに、口臭の原因を探ってみることも大切です。

病気の進行に伴って口臭が発生することがある!

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

大半の方は「口臭」と聞くと真っ先ににんにくなどの食べ物を思い浮かべることと思います。にんにくを食べた後、息のにおいがくさくなってしまうことは周知の事実です。実際、にんにく料理を食べた後、息のにおいに困ってしまった…という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
しかし口臭はにおいの強い食べ物によってだけ引き起こされるものではありません。口内の不衛生や体調不良、そして、病気によっても引き起こされることがあります。実は口臭は病気を知らせるサインとなる場合もあるのです。

口臭を招く病気その1「口腔内の病気」

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)により歯や歯肉に菌が繁殖すると、強い口臭が発生してしまいます。息のにおいは歯や歯肉の健康状態と深く関係しているのです。一説に、虫歯や歯周病になると、息のが生ごみのようなにおいになるといわれます。
また疲労時や体調不良時にできやすい口内炎も口臭の原因です。ただし口内炎による口臭は、口内炎そのものが原因というよりも、口内炎ができる口内環境の悪さによって口臭が招かれると考えられています。

口臭を招く病気その2「胃の病気」

胃の不調は息のにおいに顕著にあらわれます。胃潰瘍、逆流性食道炎、ピロリ菌…。こうした胃の病気は口臭の原因になることがあります。胃の病気による口臭は胃酸の関与からよく「酸っぱい」においがするといわれます。もし息のにおいがやや酸っぱいように感じる場合は、胃の病気を疑いましょう。

口臭を招く病気その3「鼻の病気」

鼻の病気も軽度のうちは問題ありませんが、重症化したり慢性化したりすると、口臭の原因になることがあります。特に、蓄膿症により鼻の副鼻腔という部分に膿がたまって、喉の奥に落ちてくるようになると、膿独特の不快な口臭がするようになります。

口臭を招く病気その4「遺伝性の病気」

非常に稀なケースですが、遺伝性の病気によって口臭が引き起こされることがあります。魚臭症という病気がそうです。魚臭症では代謝異常により、息だけでなく、体臭や尿も魚が腐ったようなにおいがします。病気の詳細な発生メカニズムは解明されていませんが、とにかく魚くさいにおいによってご本人も周囲も悩まされてしまう困った病気です。

口臭が時には重大な病気を知らせてくれるサインとなることもあります。たかが口臭…と軽く考えずに、口臭と向き合い、その原因を探ってみることもとても大切です。なお、病気によって発生する口臭は、口臭の元である病気を治療しない限り口臭もなくなりません。口臭対策としてはもちろんのこと、大切な体のためにも、きちんと治療するようにしましょう。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事