コーヒー好きは要注意!コーヒーによる口臭

コーヒー好きは要注意!コーヒーによる口臭

コーヒー好きの方の中には「コーヒーを飲んだ後の口臭が気になる…」と悩んでいる人も結構多い!実はコーヒーでも口臭が発生することがあります。コーヒーによって口臭が起こる原因とその対策をご紹介しましょう。

コーヒーには4つの口臭の原因が!

79ec017077dd34463d7b3b1195f35362_s

いつもの飲んでいるドリンクに「コーヒー」を挙げる人は多いと思います。コーヒーにはカフェインが含まれており、集中力を向上させたいと時やほっと一息リラックスしたい時などに最適の飲み物です。コーヒー好きで1日に何倍もコーヒーを飲んでいるという人も珍しくはありません。
さて、そんな“いつもの飲み物”コーヒーですが、実は、口臭の原因になることがあります。普段よくコーヒーを飲む人の中には「飲んだ後の口臭が気になる…」とこっそり悩んでいる人も多いものなのです。

それではなぜコーヒーを飲むと口臭が発生するのでしょうか?

コーヒー好きの方ならご存知の通り、コーヒーそのものにおいはとても良いものです。しかし、コーヒーに含まれている一部の成分が口臭につながってしまうことがあります。また、コーヒーの特性が口臭を招くこともあります。

コーヒーが口臭につながる4つの理由

コーヒーの利尿作用

よくコーヒーを飲むとトイレの回数が増えるといわれますが、これはコーヒーの「利尿作用」が原因です。コーヒーを飲むと尿として体内からどんどん水分が排出されます。すると体の防衛機能が働き、できるだけ体の中に水分をためこもうとします。そして唾液も分泌されにくくなるのです。唾液には口の中を消臭する働きがあるため、唾液の分泌が減ると、口臭が発生しやすくなります。

※口内の乾燥や唾液の分泌量低下については、下記のページをご参照ください。
口が渇く(ドライマウス)と口臭が起こる!
口臭を予防するポイントは唾液分泌に

コーヒー豆や砂糖、ミルクの食べかす

コーヒーを飲んだ際に舌などに付着するコーヒー豆・ミルク・砂糖などの微粒子が、口臭を発生させることがあります。

コーヒーの弱酸性

コーヒーはPH5~6程度の弱酸性食品です。口の中が酸性に傾くと、口臭をつくる嫌気性菌が活発に活動するようになり、口臭が発生しやすくなります。

コーヒーによる胃液の分泌促進

コーヒーには胃液の分泌を促す働きがあります。これが場合によっては胃腸障害につながって口臭をつくることがあります。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事