口臭が遺伝することも!「魚臭症」とは

口臭が遺伝することも!「魚臭症」とは

魚が腐ったような息のにおいは、魚臭症のサイン。基本的に口臭は遺伝することはありませんが、唯一遺伝するのがこの「魚臭症」です。魚臭症についての説明と、魚臭症による口臭対策をご紹介したページです。

魚臭症は口臭や体臭が魚くさくなる病気

bab28d9158a91d4e47f3d8ab290613de_s

しばしば全身の病気が原因となって口臭が起こることがありますが、非常に珍しいケースとして、遺伝性の病気が原因となって口臭が発生することがあります。それは「魚臭症(ぎょしゅうしょう)」という病気です。別名「トリメチルアミン尿症」ともいわれます。

魚臭症は代謝異常の一種で、体内において食物を消化した際に発生する「トリメチルアミン」という魚臭物質がうまく分解されず、呼気や汗、尿の中に排出されてしまいます。そのため、口臭はもちろんのこと、体臭や尿の臭いもすべて魚のようなにおいに…。魚臭症の人がいた場所は、その人がいなくなってもしばらく魚くさいといわれるほど強烈なにおいが発生することも大きな特徴です。

魚臭症は肝機能障害などに伴って発症するほか、トリメチルアミンを分解する酵素の先天的な欠落によって発症する場合があります。先天性のものは非常に低い確率ですが遺伝することがあり、稀ではありますが、親から遺伝した魚臭症による口臭・体臭に悩まされるというケースも存在します。

魚臭症の治療はにおい軽減のための食事制限のみ

魚臭症は非常に強い口臭や体臭を発生させるため、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。ところが現在のところ、効果的な治療法は見つかっておらず、唯一の対策はにおいを軽減するための食事制限のみ…。これは魚臭症に悩む方にとって非常に深刻な問題です。
とはいえ、自分だけでなく周囲も気になる病気ですから、そのまま何もせずに放置するわけにもいきません。劇的な効果は期待できないものの、それでも少しでもにおいを軽減するために、食事制限を取り入れてみましょう。

魚臭症を軽減するための食事ポイント

コリンを含む食品を摂らないようにする

コリンは魚臭成分のトリメチルアミンの元。コリンは、牛豚レバーや卵、大豆、牛乳などに多く含まれます。

レシチンを含む食品を摂らないようにする

レシチンは魚臭成分のトリメチルアミンの元。レシチンは、大豆製品、小魚などに多く含まれます。

カルニチンを含む食品を摂らないようにする

カルニチンも魚臭成分のトリメチルアミンの元。カルニチンは、羊肉や牛肉、乳製品などに多く含まれます。

管理人の口臭サプリ体験記!口臭改善アイテム3選!

口臭コンプレックスの管理人が厳選した3つの口臭サプリを紹介します。 管理人が実際に使っているので効果はお墨付き! 口臭を劇的に消してくれた1000円程度で買える口臭サプリの体験レビューをご覧ください!

管理人の体験レポートをみる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事